インターネット上のニュースをピックアップして見ました。
 
<< 組み合わせで優れた運動性能 | main | こんな刺激的なコピーが書かれた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.12.19 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
年代が上がるにつれ「食べる」人の
今年の “土用の丑の日”(7月19日、7月31日)に、うなぎを食べるという人はどのくらいいるのだろうか。調査会社インテージの調査によると「食べる(食べたいと思っているを含む)」という人は67.1%で、どの年代でも「食べない(食べるつもりはないを含む)」を上回っていることが分かった。年代が上がるにつれ「食べる」人の割合は高く、特に男性40代、50代以上では、約8割が「食べる」と回答。一方、若年層(10代、20代)の1割以上は“土用の丑の日”のことを知らなかった。土用とは立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間のこと。そのなかで十二支が「丑(うし)」の日を“土用の丑の日”といい、特に夏の“土用の丑の日”に、暑さを乗り切るためにうなぎを食べる習慣。“土用の丑の日”にうなぎを食べるようになったのは江戸時代ともいわれている。うなぎが「好き(どちらかといえば好きを含む)という人は80.7%。しかし今年の土用の丑の日に「好きだが食べない」という人に、その理由を聞いたところ「値段が高いから」が60.2%に達した。「昨今の不況を受けてか、うなぎにはなかなか手が届かないと考える人が少なくないようだ」(インテージ)。このほか「安全性が疑わしい/産地が信用できないから」(12.7%)、「家族が好きではないから」(6.8%)と続いた。また「うなぎは好きだが外国産は買う気がせず、国産は高いのでめったに食べられない」といった意見もあった。

北海道シチュー
結婚記念日
基礎代謝を上げる方法
sleepの腕時計
クロネコブックサービス

【2009.07.17 Friday 21:23】 author : netsiru003
| 知るNEWS | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2011.12.19 Monday 21:23】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://netsirublog.jugem.jp/trackback/13
トラックバック